• Top
  • Case Study
  • 鼻尖形成/耳軟骨移植/鼻中隔延長(鼻中隔軟骨使用)

Case Study症例実績

美容外科(FACE)鼻の施術

鼻尖形成/耳軟骨移植/鼻中隔延長(鼻中隔軟骨使用)

鼻尖形成/耳軟骨移植/鼻中隔延長(鼻中隔軟骨使用)

  • 性別女性
  • 年齢20代
  • 撮影時期2021年5月
  • Before

    • After

    1 / 2

治療概要

鼻尖形成:鼻先を細くシャープな形状に変えるだけでお鼻やお顔全体のバランスが整います。
麻酔を打ったあと、特殊な糸を用いて軟骨と皮下組織を縛り、鼻先をシャープにします。
鼻先の状態によっては、脂肪や軟部組織を切除します。そのあと、糸を使用して軟骨を縫合し鼻先を尖らせます。

耳軟骨移植:ご自身の耳から採取した耳珠軟骨もしくは耳介軟骨を使用して鼻先の形成をします。
鼻先の形を整える、鼻先の一番高い位置を調整する、または鼻先を補足するといったご希望の方に向いています。
鼻腔内を切開するオープン法もしくはクローズ法にて鼻を切開して移植する施術になります。
採取した軟骨は、小さくしたり形や厚みを細かく加工してから移植を行います。
元々ある鼻の軟骨と位置のバランスを調整することで、鼻先を理想の形になるように調整していきます。
鼻尖形成や鼻中隔延長と組み合わせることも多い施術です。
耳珠軟骨:外耳道から耳珠軟骨を採取します。
耳の穴の中を入り口の近くからわずかに切開して採取します。
耳介軟骨:サイズの大きい耳介軟骨は、耳介の後り側から軟骨を採取します。
耳が変形しないように耳輪脚をのこして切開します。
移植する軟骨の量が多い時に使用します。

鼻中隔延長:鼻先に軟骨を移植することによって鼻の長さ角度を延ばす手術です。
→鼻中隔軟骨 :鼻中隔軟骨を採取します。
日本人は構造的に鼻中隔軟骨のサイズに個人差があるため、
耳介軟骨等の併用が必要になる場合もございます。
鼻先を土台から組み立てるため、大きめの変化を望む方やこだわりの強い方に向いています。

副作⽤(リスク)

腫れ、内出血、出血、左右差、感染、血腫、湾曲、鼻閉など

費用について

定額鼻整形
¥998,000(税込・麻酔代込・モニター価格)

後藤 龍学

担当ドクター
後藤 龍学Ryogaku Goto

「鼻の施術」の症例実績